賃貸 保証会社について

政府による賃貸の保証会社の整備の必要性

賃貸物件を借りる時に求められる保証人ですが、今後、身寄りのない人が増える可能性も高く、保証人を用意できないケースが増える可能性があります。
その理由は核家族化や家族自体の絆が薄れている現代事情があるためです。
そのため、代わりに賃貸物件を借りる時に保証してくれる保証会社の存在は貴重となり、ぜひとも必要な存在となります。
ただ民間に運営を任せた場合、貧困ビジネスとして暴利を得たり、保証料の取立てが厳しすぎたり、悪質な取立てが横行したりする場合もあります。
近年でも保証会社の体質が問題となっている面もあり、報道でも話題になったほどです。
そのため、一定の信用もあり安心して利用できる保証会社の運営に政府が関与して整備することが望ましいです。
誰しもが賃貸物件を安心して借りる事が出来ないと、憲法における最低限度の生活水準の保障の条件をも満たすことが出来ない恐れにもなります。
将来的には、さらに法整備や仕組みが進む分野となる可能性もあります。

Copyright© 賃貸 保証会社 All Rights Reserved.