賃貸 保証会社について

賃貸の際の連帯保証人は、家賃保証会社に依頼できます。

賃貸契約での連帯保証人とは、部屋を借りている人がお金を払わないときに、その請求を連帯保証人にすることが出来る仕組みです。
もし、連帯保証人が支払いを拒否したくても、拒否することはできません。
仮に拒否をした場合は、裁判を起こされ、支払う必要が出てきます。
仮に、部屋を借りた人がお金を持っていたとしても、支払っていなければ、連帯保証人に支払いを要求することができます。
家賃保証会社が取り扱う業務は、賃貸借契約の際に求められる親族等の連帯保証人に代わり、手数料を得ることによって第三者が連帯保証人となるサービスです。
現在は家賃保証会社を規制する法律はなく、監督官庁もありません。
賃貸の場合、転賃や名義貸しなどもあるため、転居や借りるときの明確な理由も必要となってきます。
家賃保証会社を利用する場合は、入居申し込み時に審査が行われ、入居審査をするときには、様々な基準をもうけ、基準に照らし合わせて審査していきます。
生活保護受給者でも、審査は要件を満たせば通過します。

Copyright© 賃貸 保証会社 All Rights Reserved.